はじめての方へ

ソーシャルレンディングとは

ソーシャルレンディングは、企業や個人の新しい資金調達方法であり、投資商品となります。
一般的に言われるクラウドファンディングの一種であり、貸付型(融資型)クラウドファンディングとも呼ばれます。
投資家が出資する小口の出資金をまとめて大きな貸付元本とし、事業資金や不動産購入代金などを使途として、出資金を貸付(融資)します。
貸し付けた出資金は利息を生み出し、この利息を出資比率に応じて投資家に分配する、というのが大まかな仕組みとなります。

  1. 営業者は融資案件を選定し、当社に募集依頼をします。
  2. 当社は、インターネットで投資家からの出資を募集します。
  3. 融資先は、営業者と締結した金銭消費貸借契約に従い、利息の支払い及び元本の返済を行います。
  4. 営業者は、融資先から返済された金額から、営業者報酬、源泉税等を控除した金額を投資家に分配、元本償還いたします。

    ※1ソーシャルレンディングでは、投資家の出資金が、貸付先に融資されることとなりますが、
    投資家が直接貸付先に融資するのではなく、「匿名組合」という形態のファンドに出資を行い、
    営業者がその出資金を貸付先に融資する仕組みとなっています。そのため、投資家と営業者が「匿名組合契約」を締結することとなります。

    ※2「営業者」とは、「出資を受けて営業をするもの」を指す民法上の用語です。
    上記匿名組合契約において、出資を行うのは投資家、その出資金を用いて営業を行う(ソーシャルレンディングの場合は、「貸付業務等を行う」こと)のが営業者となります。

    ※3「クレジットコミッティ」とは本営業者に設置される機関です。
    本営業者取締役を議長とし、公認会計士、税理士又は弁護士資格を有する外部有識者並びにその他本営業者代表取締役が指名する者によって構成され、
    クレジットコミッティの決定は構成員の過半数が賛成し、かつ外部有識者のすべてが賛成することを条件として行われます。

ソーシャルレンディングの特徴その1

  • 株やFXと違い、市場の動向に左右されにくい
  • 利益予想がしやすいので投資計画を立てやすい
  • 安定した分配金が望めるミドルリスク・ミドルリターン

ソーシャルレンディングの特徴その2

  • 相場を予想する必要がないため、手間がかからない
  • 少額(1万円から)投資が可能
  • 短期(3ヶ月から1年程度)で資産運用できる
  • 口座開設・口座管理、販売にかかる手数料がかからない
    ※手数料については、こちらをご確認ください。

ご利用にあたっての注意点・ポイント

余裕資金で運用しましょう
COOLが取り扱っているファンドは、厳格な審査により回収可能性が十分に高いと判断した融資先に限定していますが、
どんな融資にも一定のリスクが存在し、元本が保証されるものではありません。
また運用期間中は中途解約による返金ができませんので、余裕資金の範囲内で利用ください。

分散投資を心がけましょう
上記のとおり、融資には元本の保証がありません。
融資先やファンド毎にもリスクが異なります。
特定の融資先に資産を集中することがないように心がけましょう。

投資する前にファンドの詳細を確認しましょう
ファンド毎に、運用内容やリスクが異なります。
各ファンドの募集ページには、投資した資金がどのように利用されているのか、
融資先の概要や財務状況、担保や保証の内容、リスク等を記載しておりますので、
ファンド内容をよく理解したうえで投資するようにしましょう。